工学研究科

2019年6月27日 (木)

研究紹介2 《サステイナブル工学専攻/岬》

みなさんこんにちは! 岬です!

前回は私が取り組んでいる研究内容…の前振りまでお話しでしたので、
今回は“ポリイミドの微粒子化“の具体的な研究内容についてお話ししたいと思います!

そもそもなぜこんな研究を行っているのかというと、その背景に地球温暖化の影響による石油エネルギーから電気エネルギーへのパラダイムシフトがあります。

特に自動車産業においては、石油ではなく電気をエネルギー源としている電気自動車や
ハイブリット車が現在注目を集めています。

しかし更なる性能の向上の要求により、原動力であるモーターのコイルは複雑な形状をとり、また、大きな負荷がかかるため、コイルに塗装される絶縁塗料にはエッジカバーリング性や塗着性、耐熱性が必要とされています。

そこでこれらの問題を解決するため、
私は「電着塗装機能を持たせたポリイミド微粒子」の研究を行っています。

この研究により、電着塗装を行うことでエッジカバーリング性や塗着性の問題を解決し、
また塗料としてポリイミドを用いることで耐絶縁性・高耐熱性を実現することができるのです。

ポリイミドの微粒子化については様々な研究が成されていますが、ポリイミド微粒子に電着塗装機能を持たせる研究は当研究室が世界初で行っています!!(祝!!)

先行研究がないために地道に微粒子化の条件検討を行ったり、
ポリイミドを作る前段階のモノマーづくりに苦戦したりと大変なことは多くありますが、
その分自身の作った微粒子液によって上手く電着塗装ができた時にはとても達成感があります!

また、自分の作製したものが実際に工業製品として使われる可能性があるという
明確な成果・目標があるため研究にも力が入ります!

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

研究紹介1 《サステイナブル工学専攻/岬》

みなさんこんにちは! 岬です!

今日は現在私が取り組んでいる研究の内容についてお話ししたいと思います。
前回のBlogでも少しお話させていただいたのですが、私は昨年まで本学の大学生で今は昨年からの研究を引き続き行っています。

一つの研究テーマに3年もかけるなんて大変!! と思う方もいるかと思いますが、
こんなものはまだまだ序の口で、研究をしている人の中には何十年もかけてようやく成果を出すことができるなんてことはよくある話です。

研究には終わりなんてなくて、自分がどこまで粘り強く頑張るか。
それだけでなく時には研究に“見切りをつける”ということも実は大事なことであったりします。

さて、話は戻って現在行っている私の研究についてなのですが、
簡単に言ってしまうと「すっごいプラスチック」を作っています!!笑

プラスチックと一口に言っても様々ありますが、今皆さんがイメージしているようなプラスチック容器等ではなく、工業製品によく用いられるスーパーエンプラ(スーパー・エンジニアリング・プラスチック)に属するポリイミドの研究を行っています。

エンプラというのは、汎用プラスチックの弱点であった強度や耐熱性などの問題を克服した高機能プラスチックの総称で、中でもスーパーエンプラは特に耐熱性や難燃性に優れていて、金属の代替品としてもよく用いられています。

そんなスーパーエンプラの代表格として「ポリイミド」があります。
ポリイミドは他のプラスチックと比べて高機械強度・耐薬品性・高耐熱性・高絶縁性に優れていて、宇宙航空産業などにも使用されているすっごいプラスチックです!!

そんな優れた特性を有するポリイミドは一般にフィルムや形成体として利用されていますが、
私が行っているのはそのポリイミドの“微粒子化”についての研究です。

ポリイミドは微粒子になっても他のフィルム等と同様に優れた物性を示し、
また、微粒子というその特性を活かすことで多様な用途の展開が期待されている分野であります。

今回は研究内容の前振りになってしまいましたが、 次回はいよいよ”ポリイミドの微粒子化“の具体的な研究内容についてお話できればと思います。

続く!!!

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

自己紹介 《サステイナブル工学専攻/岬》

こんにちは!
これから1年間ブログを書かせていただくことになりました
工学研究科サステイナブル工学専攻の修士1年生の岬です!!

まずは簡単な自己紹介でも…
東京工科大学から内部進学をして本大学院へと来た私は
学部生の時から引き続いて高分子や光機能に携わる研究室に所属しています。

大学院へと進学するにあたって他大学への受験も検討しましたが
学部生の時に研究していた内容の原理の解明、基礎研究をしてみたい、
1年間の研究で学んだことを生かして発展的な研究を行いたいという考えから
他大学で新たな研究を始めるのではなく、
現在の研究の続きを行うために本大学院への進学を決意しました。

他大学にはない充実した測定装置や研究設備も決め手の一つであったりしましたが、
その詳細はまた別の機会にでも紹介できればと思います。

…そんな私は現在念願の一人暮らしを満喫しています!!

研究室のメンバーと夜遅くまで家で集まったり、
社会人になった友人や他大学院へと進学した人達と集まったりと、
なんとなく都合の良い溜まり場になりつつあるのですが、
もともと別の大学へ行っていた友人と会った際によく聞かれることがあります。
「ところで今何の勉強をしているの?」と。

『工学研究科サステイナブル工学専攻』
…ぱっと聞いただけだと何をする研究科なのか分かりにくいですよね(ㅎ-ㅎ;)笑

工学研究科は様々な大学院でよくみる名前だと思いますが
サステイナブル工学専攻だなんて、
世界中を探しても本大学にしかないまったく新しい専攻になります。

サステイナブルとは持続可能な社会のことを言います。

サステイナブル工学専攻では持続的に成長・発展する社会を実現するために、
工学の分野(機械工学科、電気電子科、応用化学科を利用し、
世界の最前線にある工学研究を実施しています。

つまり、今後の地球の未来を担う大事な勉強をしているとも言えますね!!
サステイナブルについて全てをここで語るのは難しいものがあるので、
時間のある人は本大学のHPやブログを見てみてください!)

最近電車の広告等で「サステイナブル」という単語を見るようになってきました。
それだけ世間で注目を浴び認知されるようになってきたってことかな。
サステイナブルについて逐一人に説明をしなくてもよくなる日は近いかも…?笑

| | コメント (0)