« バイオセンサーとは?《バイオニクス専攻/たか》 | トップページ

2020年1月23日 (木)

研究留学の話と最後のご挨拶《バイオニクス専攻/たか》

こんにちは!たかです。

新年となり、2019年度も終わりに差し掛かっています。
毎年1月末から2月初頭に、学部生と大学院生の卒業論文提出と審査会があるため研究室内は非常にバタバタしています。

私には修論も発表会もありませんが、私も少しバタバタしています。
以前、「日本学術振興会 特別研究員」の話をBLOGでしたのを覚えていますか?この特別研究員に応募して採択されれば、月20万の給料と年間150万円ほどの研究費助成が受けられる制度のことです。
実は、学振の研究助成には「若手研究者海外挑戦プログラム」という制度も存在します。
私は現在、この制度への申請書作成に追われています。

この「海外挑戦プログラム」は、海外の大学や研究機関等で研究しようとする博士後期課程の学生に対して、3か月~1年間の期間で滞在費や航空賃、研究活動費を支給してくれる制度です。
留学はどうしてもお金がかかります。私が留学しようとしているアメリカの地域は月に$2000(20万円くらいあれば生活していけますが、自費となると金銭的に厳しい…。家賃だけで$700-800くらいします…。
学振は滞在期間に依らず100~140万円支給してくれるので、是非ともこの助成を受けたいところです。

以上の話より皆さんお察しかもしれませんが、そうです。私、海外留学を考えています。
昨年、海外大学の教授と研究についてディスカッションする機会を頂き、新たなバイオセンサーの研究を進めるべく、海外大学の研究室に留学します。
理由としては、やはり、社会に出てから留学しようとしても難しいでしょうから学生のうちにしておこうと思ったのが1つ。2つ目は他のラボの環境で研究を行うことや海外の物事の考え方を経験することで自身の持つ視野を広げたいと考えたことです。

留学をしようと思い、何が必要なのか調べました。受入先の許可はもちろん必要ですが、やはりビザを取らなければなりません。私が申請するのはJ-1ビザですが、必要書類が結構あります。
その中でもDS2019の取得が大変です。DS2019は受入機関から発行して貰うのですが、預金残高証明書や英語能力証明書などが必要です。しかも留学の3か月前までに申請しないとダメみたいです。
因みにアメリカの大学への留学を考えていますが、その大学は月$2000×滞在期間の預金残高証明が必要です。そんな大金、私の口座にないよ~!となりましたが、そこは両親の口座分や奨学金を足しても大丈夫だそうです。
英語証明書に関してはTOEICだと650点以上が必要でした(ACTFL OPIだとIM Mid)。大使館での面接時には必要ないですが、DS2019発行には英語能力証明いります。
今後、大学または大学院在学中に海外大学への研究留学を視野に入れている人は気を付けてくださいね。

最近痛感しているのが、英語力の乏しさです。いくら英語の科学雑誌が読め、自身で英語論文を執筆できてもスピーキングが出来るわけではないのです。
本研究室には以前、インドネシアやサウジアラビアからの留学生が在籍していましたが、現在では英語を話す機会が一切なくなってしまったのでスピーキング能力は衰退の一方です。悲
なので現在は申請書作成しながら英語猛勉強中です。基本的には単語帳、シャドーイングが主です。自宅では英語で独り言を呟いています。
大学院進学を決めている方または検討中の方々は共に勉強を始めませんか!?

ところで、実はこの記事が最後の投稿となります。皆さんこれまでお付き合い頂き、ありがとうございました。
個人的には本BLOGでは、大学院/研究室での実際の活動や雰囲気などを少しでも感じて貰い、大学院進学を検討している方々への手助けになればと思い、執筆していました。

理系研究室の普段の活動や雰囲気などはWebや体験入学では上手く感じられず、実際に大学に入学し、研究室に配属してから体感することでしょう。私もそうでしたし、周りの方々も同じでした。
今となって思うことですが、研究室の活動内容よりも研究する環境の方が重要だと感じます。いくら興味深い研究テーマでも、常に研究室に学生がいなかったり、研究が活発ではない論文数が少ない場合があります。
そういうことって、Webやパンフレットなどの文章では伝わらないことですよね。いくら有名大学だからと言って、その研究室の活動が活発であるという確証はありません。
大学院進学を検討している方は是非とも、自分の足で様々な研究室に赴くことをお勧めします。

また進学検討者は大学院修了後のことも考えてみましょう。
一般的に博士は修士よりも国内の就職活動に不利と言われています。それは新卒で30歳手前という年齢が起因したり、博士課程において大学で研究するよりも自社での能力を高めて欲しい、専門的知識が特定の分野でありすぐに自社で活用できなさそう、などの理由があるようです。以上のように日本国内では博士号というものは軽視されます。
以上のように博士の就活は大変そうです。段々と改善はされてきているようですが
ですが、理系の研究職では博士しか募集しないという企業もあります。私が以前、行きたいと思った企業は博士のみの募集でした。

私の記事が少しでも大学院進学を考えている人への助けになり、ご覧の方々がお楽しみ頂けていたら幸いです。
今回の記事は最後ということもあり、大変長くなってしまい恐縮です!!読みづらいですね笑

ありがとうございました!

Bsta_10

文章だけだと心許ないので、写真載せておきます。笑
本文と無関係ですが、冬休み中に八王子は雪が降りました。大学が雪化粧しています。

|

« バイオセンサーとは?《バイオニクス専攻/たか》 | トップページ

バイオ・情報メディア研究科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バイオセンサーとは?《バイオニクス専攻/たか》 | トップページ