« 研究室紹介②《コンピュータサイエンス専攻/スイミー》 | トップページ | ウェブサイエンス《コンピュータサイエンス専攻/スイミー》 »

2019年9月12日 (木)

がんばれ!大腸菌!《バイオニクス専攻/たか》

こんにちは、たかです。

夏休みです。
皆さんはどのような夏休みをお過ごしですか?

私の夏休みの思い出は「親知らずを2本抜くために入院したこと」ですね。痛くてお粥も食べられません。
歯茎の痛みと闘いながら、夏休みの殆どは研究室で過ごしました。夏休みといえば、大学は人が少なく閑散としているイメージがあると思いますが、研究室のあるフロアは人が活発に行き交っていますよ!

夏休みに研究室に来るのは大学院生だけではありません。本研究室では3年生が夏休みを利用して、研究を開始しています。
通常、研究室に配属し、研究を始めるのは4年生からです。しかし、応用生物学部には研究室への早期配属制度があります。2年生後期の時点でGPAが3.0以上の学生が、3年生の6月に研究室に配属できるという制度です。
前期の期末テストが終わった現在、意欲的な3年生がほぼ毎日、実験をしに来ています。えらい!

Bsta_6_1

私が指導している3年生は、機能の異なる2つのタンパク質を組み合わせて、人工的なタンパク質を合成しようとしています。人工タンパク質の設計図(人工タンパク質の遺伝子を組み込んだ環状DNA)を作製し、この設計図を利用して大腸菌を遺伝子組換えします。後は大腸菌の力を借りて、人工タンパク質を合成します。
ですが、合成するタンパク質の種類によって大腸菌でのタンパク質の発現量が違います。大腸菌にとって毒性が強いタンパク質ですと発現量は減ってしまいます。他にもタンパク質の発現量が低下する要因は多数あり、人工タンパク質の合成が成功しないことも多いです。
なので、私たちはいつも大腸菌を培養している恒温機の前でお祈りしています。大腸菌さん、私たちのタンパク質のこと、何卒よろしくお願いします…。

3年生が合成しようとしている人工タンパク質には、蛍光タンパク質を融合しています。通常、蛍光タンパク質といえばオワンクラゲ由来の緑色蛍光タンパク質(GFP)と赤色蛍光タンパク質(RFP)がよく知られています。
一方で、現在合成中の蛍光タンパク質は二ホンウナギ由来の緑色蛍光タンパク質です。2009年と比較的最近、同定された蛍光タンパク質です

Bsta_6_2

写真のプレートは過去に作製した、GFPとRFPを合成する大腸菌です。ウナギの蛍光タンパク質も現在、大腸菌を用いて組換え生産中です。写真のプレートのように、ウナギの蛍光タンパク質も上手く合成され、光ることを祈っています…。頑張ってくれ!大腸菌!

|

« 研究室紹介②《コンピュータサイエンス専攻/スイミー》 | トップページ | ウェブサイエンス《コンピュータサイエンス専攻/スイミー》 »

バイオ・情報メディア研究科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 研究室紹介②《コンピュータサイエンス専攻/スイミー》 | トップページ | ウェブサイエンス《コンピュータサイエンス専攻/スイミー》 »