« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月16日 (火)

院生は研究業績を稼ごう!《バイオニクス専攻/たか》

こんにちは、たかです。

授業のTA(Teaching Assistant)と研究活動に挟まれ、多忙な日々を送っています。大学の終バスを逃し、23時頃に駅まで歩こうと研究棟を去ると、まだ電気が点いている研究室がたくさんあっていつも安心します。みんなお泊りかな。
そんな研究活動に絶賛没頭中の大学院生たちですが、実験以外にも学会発表などの外部発表もこなさなければなりません。

バイオニクス専攻には2種類の表彰制度があります。
1つ目がBest presentation awardです。これは修士論文の最終審査会で最も優れた発表をした学生が選ばれます。
2つ目が学長賞です。学会や学術論文などの外部発表を点数化し、その総合点がトップであった人が表彰されます。学長賞の学生が学位授与式で専攻代表として登壇します。

つまり、大学院で多くの研究業績を残せば、専攻代表になれるということです!
実際に私も修士課程在学中に、学会発表が7つ、受賞が2つ、筆頭著者としての学術論文が1報という成果で学長賞を頂くことが出来ました。また、この業績により、私は日本学生支援機構第1種奨学金の返済免除制度対象者として貰いました。
同じく大学院に進学して、日本学生支援機構の奨学金を受給予定の学生は返済免除を目指して、業績数を稼ぎましょう!

そして、学会発表は自分の研究を人に伝えるという意味で大変勉強になります。
学会には自身の分野の他にも、他分野の専門家や学生たちが来場します。そんな方達に対してわかりやすく研究を紹介し、なおかつ興味を持ってもらえるように構成を練って発表する。そうすることで自身の説明能力も培われますし、相手に深く理解して貰うことで良いディスカッションにも繋がります。

学会発表を通じで多くの経験を積めますが…、学会発表で楽しいのは遠征できるということです!!笑
私は毎年、日本分子生物学会の年会に行くのですが、昨年は横浜、一昨年は神戸での開催でした。神戸は2泊3日の旅でした。旅費は研究費から出して貰いました。殆ど学会会場にいましたが、学会後は研究室のメンバーと現地の食べ物を食べたりして楽しむことが出来ました。
学会のついでに観光もできる…、これも学会発表の醍醐味ではないでしょうか!? 私はそう思っています。

Bsta_4_1

また、東京工科大学応用生物学部は毎年7月上旬くらいに東京ビッグサイトで行われるファーマラボEXPOに出ます。だいたい5研究室くらいがポスター発表を行なっています。さらに、その研究室の教授・助教の先生方が口頭発表も行います。

え? どうせ参加費がかかるんでしょって? そんなあなたに朗報です。招待券があれば参加費無料です(ちなみに日本分子生物学会も学部生であれば参加費はかかりません)。
色々な研究室の研究内容を詳しく知れる良い機会ではないでしょうか。
今年度のファーマラボEXPOはもう終わってしまいましたが…、来年お待ちしております!笑

Bsta_4_2

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

制度から見る東京工科大学大学院《コンピュータサイエンス専攻/スイミー》

梅雨が過ぎ、一気に暑さの厳しい時期になってきましたね。

大学院ブログのCS専攻担当
スイミーです。

今回は制度から見た東京工科大学大学院のおすすめポイントを紹介したいと思います。
私から紹介したいのは主に2つです。

1つは学士・修士早期一貫修了制度です。
この制度は本学の学部生が大学院を含めて学部3.5年+修士1.5年の5年間で修了できる制度です。
本来であれば、学部4年+修士2年の6年で卒業するところを1年短く修了できます。
実際に私もこの制度を利用している1人です。

Cssu_4_1

この制度の良いところは研究を早期に始められることです。
早く研究に着手したい人にとっても、優秀な学生を取りたい教授側にしても嬉しい制度ですよね。
また、実際に制度を利用していて良いと思った点は研究室の先輩方と知り合えたことです。
研究のアドバイスがもらえますし、プライベートでも可愛がってもらいました。
今でも頻繁に連絡を取り合っている先輩方との繋がりは私にとって大切な宝物です。

勿論、早期一貫制度も良いことだけではありません。
1年短くなっただけ、自身がこなすタスクの量はグンと増えます。
学部3年の後期から修士1年の前期までは学部と修士でやる内容を同時進行しなければならないため、負担はかなり大きいです。
しかし、スケジュール管理をしっかり行えば、無理難題というわけではありませんよ。

デメリットもありますが、学士・修士一貫制度は良いことがたくさんあるため、もし悩んでいる人がいたら、利用することを検討してみてはどうでしょうか?

2つ目はTeaching Assistant(TA)制度です。
他の大学においてもTA制度はありますが、本学のTA制度だからこそお勧めできる点があります。

それは時給がとても良いことです!
大学側が研究に集中できるようにとTAの料金を高く設定してくれているらしいです。
私の周りでも利用している人は多く、主に自身の研究室の先生が担当している講義を手伝うことになると思います。

教える内容も自身の研究で扱うプログラム言語を用いている講義や、学部時代に一度習ったことである場合がほとんどです。
他大の人でも自身の専攻にあった講義であれば、問題はないでしょう。

仕事内容としてはレポートの採点なども含まれます(もちろん最終チェックは先生が行います)。研究生だと論文を書く機会も多いかと思います。
生徒に指摘した内容がそのまま自身の力になるので、利用して損することはなく、メリットの方が多いです。

時間を有効に使える点もお勧めする点です。講義は同じ大学の敷地内で行われるため、研究室からそのまま向かうことができ、講義が終われば、すぐに研究を再開できます。

どうでしょう? 東京工科大学大学院の良いところは伝わったでしょうか?
実際、大学院の場合は研究室にいることがほとんどだと思います。
研究室の雰囲気や、研究スタイルは様々なので、実際に進学を悩んでいる人は教授や研究生と話してみて、自分と合うかどうかを確認してみてくださいね!

次回のブログもお楽しみに!

Cssu_4_2

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »