« 研究紹介1 《サステイナブル工学専攻/岬》 | トップページ | 制度から見る東京工科大学大学院《コンピュータサイエンス専攻/スイミー》 »

2019年6月27日 (木)

研究紹介2 《サステイナブル工学専攻/岬》

みなさんこんにちは! 岬です!

前回は私が取り組んでいる研究内容…の前振りまでお話しでしたので、
今回は“ポリイミドの微粒子化“の具体的な研究内容についてお話ししたいと思います!

そもそもなぜこんな研究を行っているのかというと、その背景に地球温暖化の影響による石油エネルギーから電気エネルギーへのパラダイムシフトがあります。

特に自動車産業においては、石油ではなく電気をエネルギー源としている電気自動車や
ハイブリット車が現在注目を集めています。

しかし更なる性能の向上の要求により、原動力であるモーターのコイルは複雑な形状をとり、また、大きな負荷がかかるため、コイルに塗装される絶縁塗料にはエッジカバーリング性や塗着性、耐熱性が必要とされています。

そこでこれらの問題を解決するため、
私は「電着塗装機能を持たせたポリイミド微粒子」の研究を行っています。

この研究により、電着塗装を行うことでエッジカバーリング性や塗着性の問題を解決し、
また塗料としてポリイミドを用いることで耐絶縁性・高耐熱性を実現することができるのです。

ポリイミドの微粒子化については様々な研究が成されていますが、ポリイミド微粒子に電着塗装機能を持たせる研究は当研究室が世界初で行っています!!(祝!!)

先行研究がないために地道に微粒子化の条件検討を行ったり、
ポリイミドを作る前段階のモノマーづくりに苦戦したりと大変なことは多くありますが、
その分自身の作った微粒子液によって上手く電着塗装ができた時にはとても達成感があります!

また、自分の作製したものが実際に工業製品として使われる可能性があるという
明確な成果・目標があるため研究にも力が入ります!

|

« 研究紹介1 《サステイナブル工学専攻/岬》 | トップページ | 制度から見る東京工科大学大学院《コンピュータサイエンス専攻/スイミー》 »

工学研究科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 研究紹介1 《サステイナブル工学専攻/岬》 | トップページ | 制度から見る東京工科大学大学院《コンピュータサイエンス専攻/スイミー》 »